ブラウン管テレビを個人で売るデメリットとは?

ブラウン管テレビを個人で売るデメリットとは?

2012/10/30

こんにちは♪
いつもご利用いただきありがとうございます!茨城で不用品回収を営んでいる、不用品回収ホープ茨城です!

2bb6961d7c988ec53c321e9e1eb6aef9_m.jpg

アナログから地上デジタルに移行したことで、ブラウン管テレビの需要が急速に減りました。家にブラウン管テレビがあっても使わないので、処分したいと考えている人もいるのではないでしょうか。買取してくれる業者は少ないため、個人でフリマアプリやネットオークションでの売買を検討している方もいるかもしれません。しかし、個人で売ることにはデメリットも多くあります。今回は、ブラウン管テレビを個人で売るデメリットについてご紹介します♪

■個人で売ることのメリットとデメリット
個人でオークションやフリマアプリを使ってブラウン管テレビを売るときの、メリットやデメリットをまとめました。

【メリット】
個人で売る場合には自分で売値を決められるため、買い手が現れたらその値段で売ることができます!

【デメリット】
個人で売る際に起こるデメリットは以下の2点です。

・基本的にすべて自分で対応する必要がある
メーカー・型番・製造年月などは、調べれば誰でも分かる情報というわけでもありません。また、細かい操作内容を聞かれることや、難癖をつけて値下げの交渉を受けたときにも、すべて自分で対応しなければなりません。落札後に、商品に対してクレームが発生することもあるかもしれません!こういった応対が苦にならない人にとってはよいですが、忙しくて時間が取れない人や、こういったやりとりが苦手な人にとってはストレスになることもあります。

・精算や梱包の手間がかかる
利用しているサイトによっては、落札代金の精算やテレビの梱包を自分でしなければならないこともあります。ブラウン管テレビはかなり大きく重量もあるため、ひとりで梱包するのは大変です!
商品を送ったのに代金が支払われない、というトラブルが起きることも少なくありません!

■不用品回収業者に出すのがおすすめ!

84962708e1a5dfb796422aaa21f60874_s.jpg

不用品回収業者はお客さまの自宅や指定された場所まで無料で回収に訪れるため、重たいブラウン管テレビの配送や梱包にかかる労力を減らすことができます。また、不用品回収と買取を同時に行っている業者ならば、「買取が可能なものであれば買取、買取が不可能であれば無料回収」と柔軟に対応します♪


ブラウン管テレビは画面の表示速度が速いためゲーマーに需要がありますが、一般的には買取が難しいもののひとつです。フリマアプリやオークションで個人売買をする方もいますが、個人売買にはデメリットも多くあるので不用品回収業者に依頼することをおすすめします!
茨城県でブラウン管テレビを処分したいと考えているなら、不用品回収ホープ茨城に一度ご相談ください♪




カテゴリ
  • カテゴリー
  • 月例アーカイブ
不用品について
サービス紹介
回収一覧表
回収の流れ
よくあるご質問
サービス一覧
不用品サービス
買取サービス
リフォーム・ハウスクリーニング
引越しサービス
収納アドバイザー
遺品整理
法人のお客様はこちら
当社について
当社の強み
会社概要
スタッフ紹介
不要品の買取事例
プライバシーポリシー

3STEPで不用品回収いたします!!

  • 携帯・PHSからもOK!

    フリーダイヤル 0120-925-855

  • 365日受付中

    メールでのお問い合わせ

不用品回収スタッフ募集!

ご利用いただけるクレジットカードはVISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress

万が一の際には損害賠償保険

不用品回収にともなう不動産売却は私たちにお任せください!

空き家管理士協会

日本除菌脱臭サービス協会

携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-925-855